アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

釣った魚を調理して作る釣り飯。
千葉館山での釣りで釣ってきたアナゴシロギスを調理します。

今回のメニューに選んだのが握り寿司
アナゴとシロギスの握り寿司を釣り飯とします。

アナゴは煮アナゴに、シロギスは刺身を昆布締めにして寿司に。
寿司を握るのは素人のため苦労しながらの調理ですが、まぁそれも楽しみつつ。寿司職人はすごいなぁ……と感心しながらの調理となりました。

仕上がりは不細工なものとなってしまい、シャリに文句はありつつも、味は良し。
他の魚でも試してみたくなったので、今後も挑戦して徐々に握り方を学ぶこととしましょう。

千葉館山堤防釣りで釣ってきたアナゴとシロギスで釣り飯!

千葉館山にある堤防での釣り。
メインとしていたサビキ釣りは不発(カマス少し)でしたが、底物釣りでアナゴ・シロギス・ガザミが釣れてきました。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯
千葉館山堤防釣り。 梅雨の雨がシトシト……いや、ザーザーと局所的に降るこの頃。週間天気予報を覗けば一週間ずっと曇り時々雨のマーク。 その予報を見て一度は釣りに行くのをや…

その中から、アナゴとシロギスを握り寿司に。
ガザミは他の料理で使うこととします。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

それにしても、ここ最近の釣行ではアナゴが必ず釣れています。
梅雨〜夏が旬というのもあって嬉しいですね。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯
「梅雨の時期のアナゴは"梅雨穴子"って言って美味しいんですよ。」 ……と、前回の釣行時に別の釣り人の方から教わり、それならアナゴ狙いで釣りをしてみようと行きつけの堤防へ。…
アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯
千葉の木更津沖堤防で堤防釣り! シロギスがコンスタントに釣れていて型が良い……そんな情報を得ていたので久々にシロギス目当ての釣りです。渡し船「栄宝丸」に乗って沖堤防へと移…

今回は期待していたサビキ釣りが不発だったので、アナゴが釣れてきてくれたのには本当に感謝。
釣れていなかったら今回の釣果は寂しいものとなっていました。

シロギスは刺身でもおいしい!旨味アップのため昆布締めに

さて、ではでは調理に入ります。まずはシロギスを刺身に。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

釣れたと言っても、20cmほどのサイズのシロギス一匹。
一匹だけ天ぷらにしても物足りないので、寿司のネタにすることにします。

シロギスの料理と言えば天ぷらが一番ですが、刺身にしてもおいしいんですよ。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

三枚下ろしにし、腹骨を取って皮を引きます。
このくらいのサイズであれば中骨は取らなくても食べられます。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

旨味を凝縮して香り良くするために昆布締めにします。
昆布はあらかじめ酒で軽く拭いてから切り身を包みます。軽く重しを置いて冷蔵庫に。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

薄い切り身なので、2時間ほどで程良く飴色になります。
後は握り寿司にするだけ。

アナゴを捌いて煮アナゴに!

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

続いて今回のメイン食材であるアナゴ。
今回のアナゴは少し小さめで40cmほど。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

今回釣れたアナゴはこれまで釣ったアナゴより色が白っぽく身が綺麗。
わたくし、マアナゴとクロアナゴの区別がつかないのですが、なんらか種類が違うような感じです。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

目打ちして腹開きに。
通常は背開きですが、現地で内臓を取り除いてきたので腹開きです。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯
「梅雨穴子は旨い」と聞いて行ってきた堤防釣り。 アワセに失敗し続けたものの、なんとか釣り上げることができたアナゴ1匹。そのアナゴを調理しての釣り飯です。梅雨穴子が旨い理由…
アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯
友人2人と千葉の木更津沖堤防で釣り。 釣り自体楽しかったのですが、今回はもうひとつ楽しみがありました。友人宅で釣り飯。釣行日は友人宅に宿泊し、体力の戻った翌日に皆で釣った…

ここ最近の釣行ではアナゴが必ず釣れているので、アナゴを捌くのも多少慣れてきました(笑)

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

開いた後は残った内臓と中骨・ヒレを取り除きます。
捌くのが大変なアナゴですが、ここまでくれば後少し。ホッと一息つけます。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

最後に皮側に熱湯かけ、氷水に入れて熱を取ります。
するとヌメリが固形化して取れるようになるので、包丁でこそぎ取ります。

以上で下処理完了。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

身を捌き終わったら、続いては煮穴子にしていきます。
まずはアナゴを捌いた時に残った、頭と中骨に湯をかけてヌメリを取り除いてから、水を張った鍋に投入。火をかけて出汁をとります。

アクが出るので丁寧に掬って出汁をとっていきます。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

出汁がとれたら、醤油・味醂・酒・砂糖・塩で味付けしてアナゴを投入。
落し蓋をして弱火でじっくりと煮込んでいきます。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

途中、煮え具合を確認しながら30分。
煮穴子の完成です。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

良い色に染まったアナゴの身。
寿司ネタにちょうど良いサイズに切り分けて、握り寿司にします。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

最後に、身を取り出して残った煮汁を煮詰めておきます。
トロッとするくらいまで煮詰めたら出来上がり。このタレをアナゴに塗る形ですね。

アナゴとシロギスの手作り握り寿司!

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

苦戦しながら完成したのがこちら。アナゴとシロギスの握り寿司です。
奥がアナゴ、手前がシロギス。

これだけ釣り飯作っていながら、握り寿司ってほとんど作ったことないんですよね。
理由はシンプルに、難しいから。

今回も見た目は微妙なところですね(笑)
欲張りなのでシャリが多くなって見た目が悪くなるんですよね。餃子作る時も餡多すぎて皮破るタイプです。はい。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

今日のメインメニューのアナゴ握り寿司
寿司を握った後、アナゴの身にタレを塗ってあります。

前述の通り、シャリが大きすぎて不恰好ですが、それなりにおいしそうではあります。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

いざ実食!パクッと食べれば、甘辛いタレとアナゴの脂の旨味が口の中に広がります。
シャリは握りがあまかったりと改善の余地がかなりありますが、ネタは上等。握りが上達すれば結構なクオリティにもっていけそうです。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

続いてはシロギス昆布締めの握り寿司
煮穴子は握ってしまうと身が崩れてしまうので難しかったですが、通常の刺身の方がしっかり握れて形はよくできますね。

アナゴとシロギスを握り寿司に!釣った魚で釣り飯

ワサビをチョン乗せしていただきます。
シロギスの刺身の味は、癖の無い上品な味。昆布締めにしたことで味が凝縮され、さらに昆布の良い香りも追加されておいしいですね。

しっかり握れた分、シロギスの握り寿司の方がシャリの状態もGOOD。
甘いタレがついた穴子だけでは飽きがくるところに、さっぱりとしたシロギスがあったことでバランスの良い握り寿司セットとなりました。

千葉館山で釣ってきたアナゴとシロギスで作った釣り飯。
メニューを握り寿司としましたが、改善点はあるにしてもおいしい釣り飯となりました。

こうやって新しいメニューに挑戦してみると、他の魚でも試してみたくなりますね。
そろそろまた、ヒラメとか釣れないものですかね。ヒラメ寿司パーティーとかしたいものです。また釣りに行かなくては(笑)

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
釣り飯

コメントを残す

*