カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

千葉内房にある堤防で釣ってきたカサゴムラソイ
釣った魚を使っての釣り飯の時間です。

釣った瞬間からどうやって食べようか悩んでいたわけですが……(笑)
今回はカサゴを釣り飯の定番の干物(日干し)に、ムラソイは魚では初挑戦のアヒージョにしてみることに。

干物はもちろん七輪の炭火で焼いていただきます。
焼きおにぎりをお供にすれば文句無しです。旨すぎ。

ムラソイのアヒージョも想像していたよりずっと美味。
淡白なムラソイの身と旨味の滲み出たオリーブオイルが相性抜群です。

釣って楽しくて食べておいしい。釣りってたのし。

千葉内房堤防での穴釣りで釣り上げたカサゴとムラソイ

桜咲く季節特有の強風に終始弄ばれ続けた釣行。
フカセ釣りは見事にコケたのですが、穴釣りでカサゴを2匹釣り上げることができました。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!
桜咲く時期特有の強風。 前々から釣りに行くと決めていた大潮の日、その強風が一日中吹き荒れておりました。前回の釣行が楽しかったので、夜釣りでは穴釣り、朝まずめからフカセ釣りの2本…

強風の中での釣りはやっぱり大変ですね……。
風が強ければ釣りに行かなければ良いわけですが、前々から釣りに行こうと決めていた日に釣りを断念するのはなかなかできないものでして(笑)

今回はなんとか釣り上げたカサゴ2匹と、以前に釣って冷凍しておいたムラソイを使っての釣り飯です。

釣ったカサゴを捌いて日干しに

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

今回の釣行で釣ってきたカサゴがこちら。
釣りを終えた際に現地で内臓やエラは取り除いてきてあります。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

腹開きにして血を綺麗に取り除きます。
釣った魚はよく干物にするのですが、釣ってきたその日の夜に干して翌朝取り込む一夜干しが一番お手軽です。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!
ベラにアジ・メバル・グレ・ソイ・アイナメ・ギンポ・キス・ハゼ……。 釣った魚をひらいて漬けて干して、塩干しやみりん干し・ウイスキー干しにして、最後は炭火で焼いていただく幸せ。 …

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

今回も一夜干しにしようと考えていたのですが、釣りから帰ってきたら疲れて寝てしまいました。
ということで、今回は日干しにします。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

3時間ほど陽に当てて干して取り込みます。
今回は塩水に漬けるのではなく、塩を直接身に振りかけています。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

これだけでも余分な水が抜けて、皮面はしっかりと干物らしくなります。
魚は干すだけで旨味がずっと増して美味しくなるので、釣り飯のメニューとして干物はオススメです。

カサゴの日干しを七輪の炭火焼で食す!

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

さて、カサゴの日干しが完成したので七輪で炭火焼にします。
我が家では着火剤代わりに松ぼっくりを使っております。よく燃えるんですよ。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

海腹川背ということで、腹側から焼いていきます。
炭火だと強火の遠火で焼けるので、外は香ばしくこんがり、中はジューシーに仕上がります。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

腹面に軽く焦げ目がついたくらいのところで、ひっくり返して皮面を焼きます。
脂が滲み出てきて実においしそう。焼いている間に立ちのぼってくる香りも堪りませんね。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

腹面は軽め、皮面はしっかりと焼くのが僕の好み。
焼き魚には白飯!ということで、おにぎりも炭火で焼いていきます。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

ではでは、カサゴの日干しの炭火焼をいただいてみます!
綺麗な白身は上品な味わい。日干しにしたことで旨味が強くなり噛めば噛むほどカサゴの旨味が口の中に広がります。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

カサゴは刺身にしても、揚げても蒸しても焼いてもおいしいですね。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!
釣ったカサゴで清蒸魚(チンジャンユー)。 日本ではあまり食べる機会の少ない中華料理。魚を蒸して、最後に熱した油を上からザッとかける……魚の旨味を余すところなく堪能できる料理です。…
カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!
千葉内房にある行きつけの堤防での釣り。 そこでの釣果を使っての釣りメシです。いつも通りの五目釣り。 色々な種類の魚が釣れたのですが、その中でもサイズの良かったカサゴとム…

様々な調理方法に合う、釣り飯会の万能プレーヤーです。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

焼きおにぎりも焼き上がったので、カサゴの干物をおかずにパクっと。おいしい!
焼き魚と焼きおにぎりってなんでこう相性が良いのでしょう。日本人に生まれて良かった。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

少し焦がし過ぎましたが、皮もおいしいのが干物。
カサゴの皮からは脂と旨味が感じられるので、余すことなく美味しくいただけます。

魚を丸ごと投入!ムラソイのアヒージョ

カサゴの日干しをいただいた後は釣り飯もう一品。
ムラソイをアヒージョにしてみます。

キャンプ飯で定番メニューのアヒージョ。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!
千葉市川の江戸川で釣ってきたテナガエビ。 十数匹と数はあまり釣れませんでしたが、泥抜きしておいしくいただくことに。今回のテナガエビ料理は、定番ですがアヒージョ。 それか…

しかし、魚を丸ごとアヒージョにすることが無かったので初挑戦。
身が油っぽくなり過ぎちゃうかな?と思いつつも、うまくいけばおいしくなりそうだな、と。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

オリーブオイルをスキレットに注いで、ニンニクスライスとアンチョビ、カットしたタマネギをいれて火を入れます。
ニンニクなどに火が通ってきたらシーフードミックスとムラソイを投入。香り付けにローズマリーも追加します。

ムラソイは以前の釣りで針を飲ませてしまったものを、内臓とエラをとって冷凍しておいたもの。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

魚に火が通っても、身がホロホロと崩れるということはありませんでした。
バゲットを焼いて準備万端です。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

ムラソイのアヒージョ、完成。
身を摘んで食べてみると、淡白なムラソイの味はそのまま。しっかり楽しめます。

身に油が染み込んでいるわけでもないため、油っぽさは意外にもなく、むしろ身を色々な具の旨味が詰まったオリーブオイルに付けて食べるとちょうど良いくらい。
骨の煩わしさは若干ありますが、魚を丸々アヒージョにしてもおいしいものですね。

カサゴの干物とムラソイのアヒージョ|釣った魚で釣り飯!

バゲットとの相性も良いですね。
アヒージョはバゲットがどれだけあっても足りなくなるので困ります(笑)

魚のアヒージョは初めてでしたが、淡白な味の白身魚が合うようです。
これだけおいしければ釣り飯定番メニューに追加かな……オリーブオイルで煮込むだけなので調理も簡単ですしね。

いやぁ、釣り飯はやっぱり旨い。釣って楽しい、食べておいしい……釣りはやっぱり良いですね。
今後も色々な調理方法試して釣り飯を楽しんでいく所存でございます。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
釣り飯

コメントを残す

*