釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

2019年釣り納めで釣ってきた、マアナゴ。
脂少なめの夏の穴子が旬とされてますが、冬の穴子も脂がのっていて実に旨いのです。

釣りたての穴子はアナゴ天丼にしましたが、捌いた後に冷凍しておいた穴子を今回は煮穴子にします。
その煮穴子をお重に詰めて、煮穴子重に。

穴子料理と思い浮かべると真っ先に思い浮かべる定番料理が煮穴子。
それだけに、穴子の味と調理方法がマッチしていておいしいんですよね。

丼や重にすると、穴子の脂と甘辛いタレと白飯の組み合わせがベストマッチ。
鰻よりも脂がくどく無く、それでいて口の中に広がる旨味は極上。

冬に釣ったマアナゴは煮穴子重に……オススメです。

千葉内房堤防で釣ってきたマアナゴを煮穴子重に!

千葉内房にある行きつけの堤防で釣ってきたマアナゴ。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】
アナゴ釣り。 夏が旬とされるアナゴは、釣りのベストシーズンとされるのも6〜9月頃。 旬の時期は脂が少なくさっぱりとした味わいのアナゴ。 このさっぱりとした味が好まれるよう…

2019年の釣り納めとして行ってきたのですが、終始風が強くて厳しい釣り……。
その中でも目的のマアナゴを4本釣り上げることができたことで、良い釣り納めとなりました。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】
2019年、釣り納め。 冬の強風の中狙ってきたのは、マアナゴ。狙い通りマアナゴが連発で釣れまして、良い感じに納められました。 さて、そのマアナゴを調理しての釣り飯。 アナ…

自宅に戻った後、4本の穴子は捌いて開き、初日に食べる分は天ぷらに。
残った分は後で楽しもうと冷凍にしておきました。

その冷凍しておいた穴子をしっかりと煮て、煮穴子にする釣り飯。

アラで出汁をとった煮汁でアナゴの身を甘辛く煮る

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

こちらが冷凍しておいた穴子の身。
開いたあとに皮のぬめりも取り除き済み。このまま煮れば良い状態です。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

まずは鍋に酒と味醂をいれ、火にかけてアルコールを飛ばしまして……。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

水を追加して沸騰した段階で穴子の頭や尾びれ部分のアラを投入。
こちらのアラも冷凍ですが、冷凍前に熱湯をかけてぬめりと臭みを取り除いてあります。

灰汁を取りながら煮込むと白濁したスープができます。

ウナギもそうですが、アナゴもアラから良い出汁が出るので、自分で捌くなら捨てずに活用することをオススメします。
ちなみに長い中骨は、油で揚げて骨煎餅にしました。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

煮汁ができたら醤油と砂糖を加えて味を整え、皮面が下になるように穴子の身を投入します。
煮汁はどんどん煮詰まっていくので、しょっぱくなり過ぎないように注意。

アラの頭部分も肉は少ないですがおいしいつまみになるので、一緒に煮ちゃいます。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

アルミホイルなんかで落し蓋をして、中火でじっくり煮込んでいきます。
煮汁や穴子の身の様子を見ながら、この日は30分ほど煮ました。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

落し蓋を取ってみると、こんな感じ。
甘辛い香りが部屋に広がって、強烈に食欲を刺激してきます。おいしそぅ。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

アナゴの身や頭を鍋から出し、残った煮汁に火をかけて煮詰めます。
トロッとしたところで火を止めれば、かけダレの完成。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

ではでは、ここから最終行程。
お重に白飯を詰めまして……。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

白飯の上に刻み海苔をパラパラッと。
この時白飯にかけダレをまぶしておくと、甘辛いタレとご飯のハーモニーがより楽しめて実食の際に旨さに唸る回数が増えます。オススメ。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

本日の主役、煮穴子様に飯の上に鎮座いただいて完成。
煮穴子でスペースを埋められれば綺麗なのですが、無理にやると汚くなりそうなので重ねる形に。

旨すぎ!釣ってきた脂がのった冬のマアナゴの煮穴子重

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

本日の釣り飯、煮穴子重。
最後に、煮穴子の上にカイワレダイコンと柚子皮を添えてみました。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

お重の蓋を外したときの湯気を顔で受け止める楽しさ。
蓋をしたことで蒸しの効果も加わるのがお重の良いところ。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

別角度からどうぞ。
穴子の出汁を纏った甘辛いタレから発せられる強烈に食欲をそそる香りが半端ない破壊力だったので食べる前の写真を多くしてみましたが、なかなか写真からは伝わらず且つその香りを表現する文章力も無いのでここらで食べることにしますよ。

あ、爽やかな柚子の香りが高級感と華やかさを演出してくれたことを補足しておきます。はい。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

写真を撮っていると、先に食べた妻から「今までの釣りご飯で一番おいしい!」とのご評価。
どれどれ……と煮穴子をパクッとやってみると、おおぅ……これは旨い。ふんわりとして口の中でとろけるよう。

穴子の出し汁で作ったタレは甘辛くも深い味わいで白飯とベストマッチでございます。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

穴子の脂をさっぱりと楽しめるように添えた柚子皮。
冬の穴子は脂が多いのですが、柚子の爽やかな香りでしつこく感じません。

脂が多い……とは書きましたが、鰻と比べると脂がこってりしていないので、もたれることなく平らげることができます。
妻もペロッと完食してくれたので、良い出来だったと言えるでしょう。

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

一緒に煮た頭は晩酌の良い肴になります。
肉質が身の部分よりも硬めで、食べるところは少ないですがじっくりと味わえる一品です。お試しあれ。

脂がのっていておいしい、冬の穴子。
捌くのにはコツが必要ですが、穴子料理の定番「煮穴子」は調理が簡単で間違いなくおいしい料理。お重にすれば、白飯が止まらぬ釣り飯となります。

アラも上手に活用すれば捨てるところがほとんど無く食べられますね。
こうやって書いていながら、また冬のマアナゴが食べたくなってきました……というのを口実に釣りに行こうかしら(笑)

オススメ
アイテム

釣ったマアナゴを絶品煮穴子重に!穴子料理の定番は煮穴子なのだ【釣り飯】

いちばんくわしい 魚のおろし方と料理

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
釣り飯

コメントを残す

*