サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

新島釣りキャンプ第二弾、3日目。
朝の釣りではショゴサイズですがカンパチがダブルヒット。その釣った魚を調理してランチに釣りキャンプ飯。

満足できた午前〜昼の時間。
こ気分を良くした僕らは、存分に釣りを楽しもう!と夕マズメを目指して以前から挑戦したかったサーフのポイントを目指します。

そのポイントが、「聖地」と呼ばれている場所。
島の最南端にあたるポイントで、サーフィン等で人気の「シークレット」から、砂浜をひたすら1時間ほど歩いたところにあります。

どうやらヒラメ真鯛ヒラスズキなんかが狙えるポイントとのこと。
サーフフィッシング初心者の我々ですが、この遠征ではサーフ挑戦も目的のひとつ。

ま、タイトルに書いている通りですが、結局魚を釣り上げることはできず(笑)
サーフでの釣りはそう甘くはないわけで……がっかりはしますが、とにかく綺麗なサーフでルアーを投げるのは気持ち良いものです。

※友人「ヤカン」と2人での新島釣りキャンプ。昨年10月に続いての再遠征です。

新島東側のサーフ「シークレット」から目指すは島最南端

島特有の強風のため、思うように釣りが出来なかった初日・2日目。
その鬱憤を晴らすべく、風が弱まった3日目はまだ暗い早朝から起き出して釣りスタート。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】
新島釣りキャンプ第二弾。3日目。 初日・2日目は島特有の強風のため、思うように釣りは出来ず。 立っているのもやっとなくらいの風だったので、無理矢理釣りをしてみたものの疲れる…

さらには同様に楽しめていなかったキャンプも楽しもうと、釣った魚を調理してのキャンプランチ。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】
新島釣りキャンプ第二弾、3日目。 まだ暗い早朝からの釣りでカンパチ(ショゴ)やサバを釣り上げることができました。 朝の部の釣りを終え、昼前に宿泊地である羽伏浦キャンプ場へと…

それまでが思うようにいっていなかったので、その分も存分に楽しんだ朝から昼。
ランチがおいしかったこともあり、テンションが高いままの状態で次の釣りへと向かうことに……(笑)

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

早朝4時に起きているので、すでにこの時点で12時間近く経過しているのですが、羽伏浦キャンプ場からレンタカーで羽伏浦海岸のシークレットへ。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】
新島釣りキャンプ第二弾。 2日目です。 待ちに待った島遠征ということで、島に到着してからフルスロットルで釣り!という気持ちだったのですが、島に着いてみると強風。 夜になる…

前日も訪れて下見したシークレット。
今回目指すのはここから1時間ほど歩いた島最南端にある「聖地」と呼ばれるポイントです。

砂浜を1時間歩き…ヒラメ・真鯛・ヒラスズキなどが狙えるポイント「聖地」でサーフフィッシング

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

車を停めて、人一人がやっと通れるくらいの細い道を歩いて海岸へと抜けます。
チラッと見えてくる海……テンションが上がる瞬間です。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

開けた空間に出ると、崖の上。
今身を置いているのは、白ママ断層と呼ばれる断崖。波や風雨を受けて侵食された結果作られた結果こんな景観に。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

階段を降りてサーフへと降ります。
目の前には青い海と白い砂浜。シークレットと呼ばれるポイントですが、何度来ても景色の美しさに目を奪われますね。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

シークレットから目指すは聖地。
聖地までは歩いて1時間ほど。白ママ断層に沿ってサーフを南下していくわけですが、あまり見たことの無い、身を置いたことの無い景色の中を歩くのが楽しく、テンションが高いままポイントを目指します。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

それでも歩くのは砂浜の上。
足が取られてすぐに足取りが重くなっていきます(笑)

行きは意気揚々と進んでいけるのですが、帰りが辛いんですよね。
行きは帰りのことなんか考えていないわけでして……。

ちなみにこの崖はしょっちゅう崩落しているらしく、出来るだけ離れた場所を歩いていきます。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

お目当てのポイントに着いてみると先客がいたので、手前のポイントで釣りスタート。
ポイント周辺には根が点在しているため、表層寄りを攻めます。

この日は正面寄りからの風が吹いていて、ルアーが投げづらい状態。
フローティングミノーから始めて、シンペンやジグを投げてみます。

ヒラメや真鯛、ヒラスズキなどで有名な場所。
期待度高めのテンションです(笑)

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

日没直前、ぶっ飛び君を沈めて根に時折ぶつけながらも根の間を探ってみたところ、ゴンっと引ったくられるようなバイトあり。
それまでは全く何も無く、完全に油断していてびっくり合わせ。その直後、横に走るように引かれたところでフックアウト。

おぉう……やっちまった……。
元々バイトが頻繁にある釣りでは無いのは承知の上。チャンスを逃しちゃいけないのはわかっていたにも関わらず、気が抜けておりました。がっかり。

ヤカンに声掛けてみるも、ノーバイトとのこと。
悔しい気持ちを抱えながら、日没までひたすらキャスティング……。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

一度のバイト以外何もありませんでした(笑)

悔しさを背負って、来た道を1時間かけて戻ります。
こんなに足って重たかったっけか……砂浜を歩く自分の足が自分のものでは無いかように言う事を聞いてくれません。

それでも、最高に気持ちの良い環境で釣りが出来た嬉しさを噛み締めつつ、時折満天の星空を眺めながら砂浜に座り込んで休憩したりしつつ、この辛さも後から振り返ったら楽しい思い出なんだろうな……なんて話ながら歩いていきます。
うん、今振り返れば良い体験。辛かったのには間違いないけど(笑)

無料の「湯の浜露天温泉」で釣りの疲れを癒す

帰りの砂浜ウォーキングで足は棒のよう。日頃の運動不足がたたってますね。
考えてみれば朝4時から釣りしていたわけで、疲れが溜まって当然と言えば当然です。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

そんな時はここへ。
新島港近くにある「湯の浜露天温泉」です。

24時間無料で入れる温泉で、古代ギリシャをモチーフにした建築が印象的な施設です。
水着で入る温泉で、地元の方も多く訪れます。

今回の遠征では、ほぼ毎日通いました。
すぐ目の前が海なので、晴れていれば昼は青い海を眺めながら、夜は満点の星空を眺めながら温泉に浸かれます。

温泉は海の側という事で塩泉。
有料シャワーで身体を綺麗にし、温泉で身体を温める……釣りキャンプの疲れが一気に吹っ飛びます。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

羽伏浦キャンプ場に戻ったらラーメンタイム。
ここでもお裾分けしてもらった明日葉が大活躍。セリのような爽やかな味がラーメンにもぴったり合うのです。

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

疲れきった上に温泉で温まって、すっかり睡眠モードの身体。
食事をして歯を磨き……としている内にも、目蓋が重たくなっていきます。

テントに戻ってシュラフに潜りこむともう限界。
ほぼ眠っているようなボーッとした頭で「サーフは甘くないね……」なんて話をしていたら、いつしか眠りについていました(笑)

思いっきり遊んで気絶するように眠りにつくのは希望通り。
サーフで釣れたらもちろんより良かったのですが、3日目は釣りキャンプを満喫できたと実感がありました。

翌日は朝マズメの釣りは無し。
ゆっくりを休んでキャンプを楽しみ、夕マズメにサーフ再挑戦の予定です。次こそは、結果を。

 

オススメ
アイテム

サーフフィッシングの聖地で釣りをするも…魚には出会えず|新島釣りキャンプ第二弾【DAY3 後半】

空撮伊豆七島釣り場ガイド 2―魅力の好釣り場153ポイント完全紹介! 神津島・祇苗島・恩馳群礁・銭洲群礁・イナンバ島・三宅島・三本 (COSMIC MOOK)

コメントを残す

*